上海で駐在生活スタート。vol.3_マンションを探して住んでみよう

前回は上海で駐在生活スタート。vol-2_家族ビザ取得に向け準備しようを書きました。

家族ビザ取得申請ができたら、ホッとするのも束の間・・・

マンション探しです。

すでにマンションが決まっている場合

上海マンション
私たちママや子供達が滞在する前に、数ヶ月(半年〜1年前が多いようです)前にパパが単身赴任をして、その際に家族用にマンションを賃貸するケースが多いようですね。

この場合だと、ママの立場からすると、何もわからない上海に子連れで来て、子供の学校決めなど色々やることがある中、マンション探しの手間が省けるのは助かりますよね。

パパは慣れない海外赴任の中、家族が快適に住めるようにマンション探しまでしてくれてるんですね、感謝ですね。

ま、私はインテリアや住まいに結構こだわりがあるタイプなので、主人に勝手に先に決められるのは嫌なタイプですがwww
(主人はどこでも住めればいい、会社に迷惑かけたくない。という超律儀は素敵なとこなんですが、インテリアセンスがないタイプなので(毒))

家族が赴任して、引っ越す場合


いろんな駐在の形があると思います。

我が家の場合、主人が家族赴任の1年前より上海単身赴任しており、古北地区の3LDKマンションに、しょっちゅう上海へくる出張者(タバコをよく吸うおっさん)とたまに同居するスタイルでした。

まずは私たち家族が赴任したとき、初日は主人マンション近くのホテルに1泊して、翌日から家族が住む用のマンションが決まるまでの間、その同居用マンションに居座ることになりました。

結局、約2週間、出張者同居用のマンションに仮住まいし、航空便のみ引き取って海外生活をスタートしました。

なので、上海生活2日目から早速私は物件探しをはじめました。

主人は仕事が忙しいし、どうせ私があーだこーだと文句を言うのを嫌がり、マンションは会社規定金額内で妻の私が探して決めることになりました。

4歳&1歳の子供を連れて不動産業者と一緒に、古北(グウベイ)地区マンションを約10件ほど回りました。

私は大学生の時に北京留学をしたり、上海に出張したりたまたま中国語にあまり不自由しないタイプだったので、上海生活2日目から物件探しをするのにストレスを感じませんでしたが、本当に中国が初めての場合は、やっぱり旦那さんが先に単身赴任されてる時に家族用マンションを用意してくれてる方が、海外生活スタートを無難に進めれるんだろうなと思います。

だって、上海の古北(グウベイ)や浦東(プウドン)は日本人が多く住むエリアで、日本語でほぼ生活に不自由しない環境が整ってます。

んが!!

やっぱり文化や生活習慣が違うことが多いですからね。

住まいの基盤は旦那さんにお任せした方が、楽かなあ・・・・・

部屋が100CM2超えが多くて広っ!!

いや〜広い。広い。広い。

素敵なリビングルーム💕

不動産屋がお友達だったのがラッキー。色んな上海事情や裏話なんて聴きながら物件たくさん見せてもらったので紹介しますね!
(これ見て気になった方!ご連絡いただければ友人の不動産業者紹介しますね)

大阪市内で70cm2位のいたって普通の大きさの3LDK分譲マンションに住んでた我が家。

4人家族でまだ子供が小さいので2LDK中心に物件巡りしましたが、100CM2超える物件ばっかり。

大きくない?掃除大変やん。

でも。

日本だと100CM2は住めないので、旦那さんに感謝しつつ住んでみよう!と即決。

ちなみに我が家は結局2LDK+物置部屋の120CM2くらいのマンションに決定しました。

大家さんセンスが光る?インテリア付が基本

基本、中国はインテリア付きです。

なんで航空便・船便で日本から大型インテリアは持ってきていないと思います。(ピアノとかは別として)

大家さんのセンス次第です。

写真掲載はしませんが、ヨーロッパの王様が住むようなゴッテゴテの家具で固められたお家や、お爺さんが住みそうな古臭いインテリアだったり・・・

大家さんのセンスでインテリアが全く違います。見る分には楽しいですがね。

せっかく中国で生活するんですから、こんな古典的インテリアに囲まれて生活してもいいかも💓

全部屋が統一感あって素敵でした。

でもこう言う現代的なインテリアも素敵💓💓

やっぱり無印良品好きだし、こういう木材メインの落ち着いた雰囲気が個人的には落ち着くなあ・・・💓💓💓

トイレが綺麗すぎて落ち着かない・・・そわそわしそwww

と、内装が綺麗なマンションはたくさんありますよ。

トイレや浴室が2つが基本???

なんでかトイレと浴室が2つが基本です。

中国人の友達や不動産屋に理由を聞くと、

中国の家庭は基本親が子供にマンションを買い与える。

そして、孫が小さい時、奥さんは産後3ヶ月で仕事に復帰するのが普通。

夫婦仕事中は、お互いのじいじ&ばあばが交互に泊まり込みで孫の世話をする。

ということで、2世帯同居なのでトイレ・浴室が2つらしいです。

ほ〜〜〜!!!

ですね。

日本と事情が違うんですね。

結局ですが、

主人用と自分&子供用に分けたり、お友達がきた時は、お友達用&自分用と分けて使えるので、トイレは便利です。

浴室は1つはシャワーのみ、1つは風呂桶の上にシャワーがついてるタイプが多いです。

ちなみにシャワーのみはこんな感じ。

浴室はシャワーのみは我が家は使ってません。

ちなみにトイレと風呂桶の上にシャワーが1つの部屋でカーテンに仕切られてるタイプが中国は多いです。

これ、湯船に浸かるのが大好き&子供が小さいのでお風呂の世話をするママにとっては苦痛。

と言うことで上海では数少ない、トイレと桶付きお風呂が別室メインで物件を探しました。

↑日本みたいに風呂桶があって、ベットシャワールームがあってトイレと別!!

これぞ私が求めてたお風呂場スタイルでした〜💕

家賃が30万円〜40万円!高っ!!

いや、本当に高い。

3LDKローンで毎月10万円支払いにしていた共働き我が家にとって、2LDK・3LDKの100cm2以上で30万も40万もする上海の家賃なんて・・・

信じられませんでした。

でも古北(グウベイ)って内装はとっても綺麗にしてますが、見た目は本当に古い町なのでボッロボロなんですけどねえ。

でもシンガポールや香港はもっと高いらしいですね。

あああ。もはや日本出る前は日本は物価高いなあと感じていた日本が安く感じる。

上海では古北(グウベイ)でそのくらいの家賃ですが、日本人が多い浦東(プウドン)や欧米人駐在員が多い徐家汇(シージャーホウェイ)や静安寺(ジンアンスー)はもっと高額な家賃というから驚きですね。

信じられん。

家賃高いくせに、あちこち壊れすぎ!!

家賃がめっちゃ高いのに、本当によく壊れるんです。

こればっかりは住んでみないとわかりませんよね。

我が家の場合、

  • 乾燥機が日本製のくせに壊れる
  • 排水管が壊れて、臭すぎる
  • カビが壁に大量発生
  • トイレが5回以上詰まる
  • クッションのファスナーが壊れる

あげればキリがありません・・・

「あるある海外生活」でしょうね。

物件探しのコツ


会社規定金額以内で探す(もしくは自腹分が発生しても納得いく金額)のを基本として、

自分たちが上海生活の上で何を優先するのか??

をブレずに持って物件探しすることかなあと思いました。

といっても我が家の場合、

・子供が4歳&1歳と小さく湯船に浸かるのが大好き

→中国では数少ないトイレとお風呂は別の日式が必須

・インテリア大好き

→素敵なインテリア(毎日家で過ごす時間が多い主婦にとっては必須!)

くらいなもんでしたが。

小学生高学年のお子さんを持つママさんは、中学進学の塾に近いマンションを!だったり、

夫婦二人のみなのでとにかくオシャレなエリアに住んでみたい!

などみんな物件探して何を優先するか、違いますよね〜。

まとめ


ビザ申請もして、マンションも決まれば、本当にホッとします。生活の基盤がほぼ整ってきました。あとは、船便を引き取りですね。家が決まれば、近所を出歩いて、どこにスーパーや病院、公園など日常で必要なライフラインのリサーチですね。海外生活スタートしたばかりのママさん、お疲れ様です。

3 件のコメント

  • こんにちは!
    上海に住むことになり紹介されていた不動産屋さんと、バストイレの綺麗なマンション名教えていただけますでしょうか???
    宜しくお願いします!

    • こんにちは。コメントありがとうございます。不動産屋は私の友人:日本人女性のご主人(中国人)が立ち上げた一軒房地产という会社です。私の友人は現在日本におりますが、ご主人は日本と上海を行き来しており、上海常駐日本語堪能な現地スタッフがいます。周さんという気配り上手な女性スタッフが私のような小さな子連れママにも車を手配してくれて丁寧に案内や大家さんと交渉してくれるので安心ですよ。私の友人の携帯186−2109−9187をwechat(微信)検索いただくとSAKIという名前がヒットすると思いますので、詳細は直接聞いてみてくださいね。友人には連絡しておきました〜。バストイレ別の珍しい日式タイプは华园というマンションです。よろしくお願いします。

      • ご丁寧に返信ありがとうございます^ – ^
        とても助かります!
        役に立つ情報がたくさんで更新されるの楽しみにしてます!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    150cmの小柄ママ。4歳娘と1歳息子の二人を育てながら上海在住予定。

    2018年12月 USJに限りなく近い大阪から上海へ、夫の仕事の関係で移住予定

    アパレル企画・デザイン・MD・生産を約10年

    Webデザイナー、webライターとしてフリーランスで日々勉強中。

    上海インタースクール幼稚園で非常勤の保育士も兼務予定。あくまで予定

    なんかバラバラバラなキャリア・・・

    ま、いいや。

    中国とはとっても縁があり、 関西外国語大学の時、北京語言文化大学に留学2回

    20代OLの時、上海の日系貿易会社で3年ワーク

    ママになって上海移住時、大阪のマンションを買ってくださったのも上海人

    弟も中国(大連、天津、広州)駐在約10年

    主人も上海駐在今約1年

    家族ぐるみで中国とは非常に「ご縁」があります

    しばらくは上海で生活するので、小柄ママ・元アパレル出身webデザイナー・ライターのフィルターを通して「海外生活」を面白楽しく情報発信できたらと思って、このサイトを立ち上げました

    異国の地で夫を支えている妻・ママ・海外で頑張って仕事してる人・中国留学気張ってる学生さん・ふらっと中国を旅したい人

    このサイトを通して色んな国や場所に住む、色んな人と繋がれたら素敵やんと思います♪

    2018年11月1日